記事一覧

60分の熱き戦い 「オールドタックルで挑む ベイト編」







60分の熱き戦い 「オールドタックルで挑む ベイト編」



リール「ファントムマグサーボGS15」    (1982年製)

ロット「シマノ製折りたたみ式ピストル型ロット」(1982年製)

ライン「8ポンド」これはさすがに巻き直し

ルアー「RAPARA ジョイントミノー 黒・金」

   「RAPARA ジョイントミノー オレンジ・金」

   「Daiwa  ドリンカー」


このいぶし銀の輝きを放つタックルで、近くの池を「オカッパリ」から

攻めてみる。(最近は野池での釣りがほとんどできなくなっている)


魚影はあり、そんなに大きくはないが、水面近くに浮いているので

「RAPARA ジョイントミノー オレンジ・金」をチョイスして

少し超えたあたりにキャスティング。。。

ひさしぶりではあるが、バクラッシュせずにルアーをリリースできた。

飛距離十分、方向すこし右へズレた。。。相変わらずだ。


「オカッパリ」なので、少し左に動いてリールとロットのアクションを

入れながら巻き上げてみる。ルアーの後ろについて来ている。。。

なかなか食わない、巻くのを止めてみるが、すぐ近くまで来ているのに

やっぱり食わない。

数回キャスティングするが、同じことの繰り返し。。。昔もよくあった。


ここでルアーをチェンジ。

「RAPARA ジョイントミノー 黒・金」をチョイス。

あまり変わりないような気もするが。。。やっぱり追ってきます。

でも、あと一息がなかなか。。。やっぱり食わない。


そうこうしているうちに時間だけが流れ、暑さに耐えれなくなってきた。

昔なら、「まだまだ」と言いながら続けるのですが、熱中症になるのも

いやだし。


ここで最後のルアーチェンジ。

「Daiwa ドリンカー」をチョイス。でっかいポッパーでどうだ!

水面をぽこぽこと音を発しながら「ブラックバス」を誘う。

さすがのブラックバスも相手をしてくれなくなってしまった。


そして、3分後にロットをたたみ片づける姿がそこにあった。


何十年ぶりに「ブラックバス釣り」に挑んだのですが、イメージは

昔もままでも、ブラックバスと自身の体はイメージ通りではなかった。

だいたい1時間くらいは頑張ってみたんですけど、キャスティングの練習

とロットアクションを楽しめたのと、少しばかりブラックバスとのかけ引き

ができたので満足です。次回は「ヒット」と言いたいですけど。。。


次回予告!「オールドタックルで挑む スピニング編」ってどうかな?

それとも 「恐怖 バクラッシュの嵐」ってのは?



最後まで読んで頂きましたこと、まことに感謝しております。

今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で、記事良かったよと応援くださる方は

「にほんブログ村」、「人気ブログランキング」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

おすすめランキング

プロフィール

すがわびと

Author:すがわびと
すがわびとの日記ブログへようこそ!

最終列車
クロミド