記事一覧

沢蟹が捕れる場所






沢蟹が捕れる場所



先日、奈良県と三重県の県境にある場所で沢蟹捕りを

してきました。


沢蟹って聞くと、小川の中にある石の下に隠れている

のを捕まえることを想像すると思いますが。。。


今回、沢蟹を捕まえたのは小川の中にある石の下でも

険しい沢の中でもありません。


人口的な壁にあいている穴の中から山の湧水が出ている

場所があって、その水が小さな滝になっています。

滝といっても1mもありませんし滝壺もありません。

湧水が落ちている所にコケが生えていて、湧水は山道に

沿って流れています。


その流れに沿って草木があり、その中に沢蟹がいます。

晴れている日は、隠れていて見つけにくいのですが

雨の日や雨の降った後には、たくさんの沢蟹が草木から

外に出て山道を移動しています。


その数がとてつもなく多く、少し気持ちが悪いですね。

「沢蟹が湧いて出てくる」っていう感じで、5分くらい

で10匹は捕まえれます。


実際にはもっと多くの沢蟹がいるのですが、近づくと

さっと散らばってしまうので多くは捕れません。

今回は7匹ほど捕まえてこどもたちが楽しんだので

逃がして帰るつもりだったのですが、持って帰るって

言うので、少し飼育してみることにしました。


蟹1 蟹2

持って帰って飼育用のかごに移して観察していると

1匹のメスが子蟹を持っていることに気が付きました


数日後に小さな子蟹がたくさん出てきました。


そのまま、いっしょにかごに入れていたのですが

先日、かごの中を見ると子蟹はいなくなっていました。


もしかして、親蟹に食べられたのでしょうか。

別のかごに入れて飼育する必要があったのかな。

子蟹は飼育をしたことが無かったのでよく解りません。



最後まで読んで頂きましたこと、まことに感謝しております。

今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で、記事良かったよと応援くださる方は

「にほんブログ村」、「人気ブログランキング」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

ワードプレスに最適

超コストパフォーマンス

プランを使い分けよう

転送料無料

注目度急上昇中

クロミド