記事一覧

自然から学ぶ 「自然の打ち水 暑すぎる一日」

「自然の打ち水 暑すぎる一日」

今日は朝から30℃を上回ったままの状態でこの時間に至ります。
最高気温は14時頃に34.3℃を記録し、猛暑の日になる寸前
となっています。
この暑さは、今年初の台風がフィリピンから沖縄へ向かって移動
していることで、太平洋高気圧の勢いが強まっていることが原因
と思われます。

高気圧は台風が近くにいると勢力を強める傾向にあり、今回は
台風から梅雨前線に向けて暖かい湿った空気が高気圧のまわりを
まわるように進み陸地の山にあたってその部分では大雨が降り
山の裏側では乾いた暖かい空気がおくられるので気温が上昇し
猛暑となるようです。

真夏の空気が入って来ているので非常に暑いし、梅雨の湿度が
さらに暑さを増しているようです。

昨日のように、夕立があれば気温は下がるので、少し過ごし易く
なるのですが、今のところ、大きな雷雲の発生はないようです。

打ち水の原理で、地面に降り注いだ雨が熱によって蒸発する時に
熱を吸収して気温が下がるのですから。。。(自然の打ち水
雨が降らないと気温は下がりにくいです。

涼しくなるのは、あまり期待できそうにないです。


今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で記事が良かったよと思われましたら
「にほんブログ村」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

おすすめランキング

プロフィール

すがわびと

Author:すがわびと
すがわびとの日記ブログへようこそ!

最終列車
クロミド