記事一覧

クワガタムシの採り方を10倍楽しむ方法

クワガタムシの採り方を10倍楽しむ方法

昨日の会社帰りに、クワガタムシやカブトムシを
採集している場所に立ち寄って虫を探しました。
クヌギ林が50m位離れた所にあり、水銀灯が2つ
道端に立っている所です。
気温は少し高めで風のない日を狙って行きます。

風があるとクワガタムシやカブトムシは風の影響で
クヌギ林から水銀灯まで飛べないようです。
夕立などで気温が急激に下がってしまうと虫の動き
が鈍るようで見かけなくなります。

昨日は、ほぼ無風で気温が高く、水銀灯に飛んでくる
条件は揃っています。
現場が近づいて来たところで先客がいないかを確認し
ましたが、人影や懐中電灯の光はありません。

時間帯は特に決めていませんが、空が暗くなって
1~2時間程度経過していれば問題はないと思います。
あまり、早いと虫が飛んでいません。

道端に駐車して(駐車禁止や通行に影響がない所)
水銀灯の下を探します。
少し離れた場所に立ち止まって地面を見ていると
黒い影が動くのが見えてきます。
この影が動く場所へ近づいて、順番に見ていきます。

落ち葉、石、カナブン、カミキリムシなどがほとんど
ですが、たまに本命のクワガタムシやカブトムシが
います。

昨日は、クワガタムシが1匹採れました。
↓↓↓コクワガタのオスです。
コクワガタです。

なぜ?。。。クヌギ林に入って探さないのといいますと
クヌギ林は持ち主がいます、持ち主の許可なしに入ると
不法侵入になりますし、踏み荒らしたり、汚したりして
迷惑をかけてしまいます。
ムシ採りのマナーは、みんなで守りましょう。

【クワガタムシ採りを10倍楽しむ方法】
 採集する為に
  1.クヌギ林が近くにある
  2.水銀灯がある
  3.ほぼ無風で気温が高い
  4.暗くなって1~2時間
  5.先客がいない
 探す方法 
  1.水銀灯から少し離れて動く影を探す
  2.影の確認
 気を付けること
  1.駐車禁止でなく交通に影響がない場所に車を止める
  2.クヌギ林には入らない
  3.先客とは情報交換

いつもこのような感じでムシ採りをしています。
同じような場所があれば、お試しください。


今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で記事が良かったよと思われましたら
「にほんブログ村」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

ワードプレスに最適

超コストパフォーマンス

プランを使い分けよう

転送料無料

注目度急上昇中

クロミド