記事一覧

何でも屋の人生を歩んでいくのか

「あなたは何でもできるよね」

この言葉を聞くことがありますが
何でもできるってね
言葉では上手く言っているけど

要は「何でも屋」ってこと。。。

何でも頼める使い勝手のいい人
これってどうなんでしょうか

もちろん
あの人に頼めば。。。なんとかなる
という風に思われているなら
いいんだけど。。。

とりあえず
この仕事やっといて。。。
なんて言うような時は
困ったものですね

何でも一定レベル以上で
できてしまう
ユーティリティプレイヤーは
確かに使い勝手が良い

でもね
頼まれる方からすると
この頼み方は遠慮したいのが
本音ですね

困っている人のことは
当然協力して対応するけれど

やっつけ仕事を
無茶ぶりして来るのは
如何なものだろうか。。。

仕事だから
文句は言いませんが
もう少し頼み方を勉強されたら
良いのではないかと思いますね

頼み方ひとつで
その人が困っているのか
面倒がっているのか
簡単に解ってしまいます

最近は
何でも屋もありかなと
思えていますが

無茶ぶりしてきた時は
「できないものはできない」と
言ってることもあります

物事を頼む時は
相手が気持ち良く受けてくれる
ような言い回しを使えるように
したいものです

私は
気持ちよく受けられる時は
「何でも屋」になって
全力で対応しています

会話の流れって
本当に大切なんですよね

以前の私は
このことに気付いていなかったので
底辺まで落ちるきっかけに
なってしまったのです

受け側の印象を
考えながら言葉を作ることが
大切ですね
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

ワードプレスに最適

超コストパフォーマンス

プランを使い分けよう

転送料無料

注目度急上昇中

クロミド