記事一覧

夏休みのアウトドア活動で注意したいこと

夏休みのアウトドア活動で注意したいこと


みなさんの地域の学校も夏休みのところは多いと思います。

こどもたちのにぎやかな声が朝から響き渡り夏到来を告げている

かのようです。


朝7時前ですが、近くの公園では、虫とり網と虫かごを持って

セミとりをする親子の姿が見られます。

都会では見かけなくなった風景とでもいいましょうか。

この公園は、もともと山を切り拓いて作られた住宅地の端にあり

直ぐ隣が山になっているので虫の宝庫になっています。


こどもたちの中には、虫とり網を使わずに素手でトンボやセミを

捕まえるツワモノもいます。

虫が怖くて触れないなんてことにはならないですね。


山の中には多くの危険が潜んでいますので、入っていかないことが

最善の行動となります。

あくまで公園に出てきた虫を捕まえるに留めておかないと取り返し

のつかない事故につながります。


この時期は、ヘビ、ハチ、ムカデ、クモ、マダニといった普通に

自然の中で遭遇するものが大きな問題となることがあります。


【ヘビ】

北海道・本州・四国・九州に生息するヘビは、アオダイショウ

シマヘビ、ジムグリ、ヤマカガシ、ヒバカリシロマダラ、マムシ

タカチホヘビ8種類になります。

毒蛇は 

【マムシ】・・・詳細はここをクリック

【ヤマカガシ】・・・詳細はここをクリック

の2種類で見つけても捕まえたり近づいたりしない。

咬まれた場合は医療機関で適切な処置を受ける必要があるので慌てず

患者を落ち着かせて、消防救急・医療機関へ連絡し指示に従って行動する。


【ハチ】

人を刺すハチは「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」

の3種類になります。

【スズメバチ】・・・詳細はここをクリック

【アシナガバチ】・・・詳細はここをクリック

【ミツバチ】・・・詳細はここをクリック

見かけたら近づいたりしない。

刺された場合は医療機関で適切な処置を受ける必要があるアレルギー体質

の方がいますので、患者を落ち着かせて、消防救急・医療機関へ連絡し

指示に従って行動する。


【ムカデ】

【ムカデ】・・・詳細はここをクリック

咬まれた場合は医療機関で適切な処置を受ける必要があるアレルギー体質

の方がいますので、患者を落ち着かせて、症状が悪化する場合は消防救急

医療機関へ連絡し指示に従って行動する。


【クモ】

【コマチクモ系】・・・詳細はここをクリック

【ゴケクモ系】・・・詳細はここをクリック

日本に生息する数少ない毒クモです。

咬まれた場合は医療機関で適切な処置を受ける必要があるので慌てず

患者を落ち着かせて、消防救急・医療機関へ連絡し指示に従って行動する。


【マダニ】

【マダニ】・・・詳細はここをクリック

咬まれた場合、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」などのさまざまな

感染症を引き起こすことがまれにありますので皮膚科で処置してもらう。


春から夏にかけて、ハイキング、キャンプ、登山といった

アウトドア活動へ参加され自然を満喫される方が多くなります。

その時期は、自然の中で生き物が活発に動き回る時期でも

ありますのでかなりの注意が必要になります。


万が一に備えた十分な準備をしてアウトドア活動を楽しみましょう。



最後まで読んで頂きましたこと、まことに感謝しております。

今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で、記事良かったよと応援くださる方は
「にほんブログ村」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

おすすめランキング

プロフィール

すがわびと

Author:すがわびと
すがわびとの日記ブログへようこそ!

最終列車
クロミド