記事一覧

秋の音色が聴こえてきます。 「自然の鈴虫と出会う」

秋の音色が聴こえてきます。 「自然の鈴虫と出会う」



お盆も過ぎて、空を見るとまだまだ夏の象徴の入道雲が

もくもくと山の向こう側に顔を覗かせています。

↓↓↓こんな感じです。

入道雲0819


夏季オリンピック、夏の全国高校野球大会などのスポーツ

イベントもまもなくファイナルを迎えようとしています。


季節も着々と歩みを進めていて、熱帯夜だった夜も

少しずつ涼しくなりつつあります。

空には赤とんぼが飛び交い、先日まではカブトムシが

飛び交っていた街灯の下にはキリギリスやコオロギなど

秋の虫達が賑わいを見せています。


今年のカブトムシはピークを過ぎてしまったようで

いつもの5本クヌギにもスズメバチや蝶がいるだけで

少し寂しさを感じさせています。


今日も駐車場の街灯を見て回って運が良ければカブトムシを

GETしようなどと考えていましたが、季節の変わり目は

虫の種類の変わり目とでもいうかの如く、カブトムシは...

いませんね。


辺りを見渡すと、自分の車のボンネットに黒色の虫が乗って

いて、近づいて見ると...リ~ン♪、リ~ン♪

「鈴虫」が鳴いています。そのままにして置くか、捕まえて

家でゆっくり観察するか...捕まえました。


↓↓↓こんな感じです。

鈴虫0819


羽根を広げてリ~ン♪リ~ン♪と鳴いています。

実際には鳴くというよりも羽根と羽根を擦り合わせて

鈴の音を出しているのが正しいのですが...


こどもたちは見たことのない虫に興味を持っているようで

早速、例のポケット図鑑を取り出して調べています。

最初はバッタかな?キリギリスかな?コオロギかな?って

いろいろ図鑑の写真と見比べています。

最終的にコオロギって言ってましたけど...よく見ようね


鈴虫が載っているページを開いて、これじゃないかなって

見せてみて、もう一度「鈴虫」を眺めてみると「これっ!」

ってなって、「鈴虫」だということが解ったようです。

一件落着。


40年くらい前は「鈴虫」を飼育している家が結構

ありましたが、最近はあまり見かけなくなりました。


「鈴虫」をほとんど見かけなくなった今日この頃で

「自然の鈴虫」に出会うことができ、まだまだ地元の自然は

昔と変わっていないことが解って少し安心をしました。


捕まえた「鈴虫」は、夜中に大きな鈴の音を出していて

睡眠を妨げるとのことで自然の中に帰しました。

翌朝には、逃がした所でリ~ン♪リ~ン♪と聴こえてきたので

まだ近くでいるようです。


少しの時間でしたが秋の夜を先取りして味わえました。



最後まで読んで頂きましたこと、まことに感謝しております。

今日の記事で、感じたことや思ったことをお気軽にコメントしてください

コメントまでは。。。という方で、記事良かったよと応援くださる方は

「にほんブログ村」、「人気ブログランキング」をクリック頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

記事の左上「ブックマーク」をして頂ければさらに励みになります
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめ品のご紹介

ワードプレスに最適

超コストパフォーマンス

プランを使い分けよう

転送料無料

注目度急上昇中

クロミド